無料ブログはココログ

« 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな | トップページ | コスモスに密かな恋をもらいきし »

2006年10月13日 (金)

忍びつつこころが遊ぶ月の裏

          ★ 俳句リレー 11

Tuki999e8z_1

  ☆さんの      をネット吟行してきました。
    

 月は豊穣と再生の女神だというお話です。そして、その豊穣と再生の女神に、実は耳があった。女神だから耳があるのは当たり前だったんですよね・・・

 

 それで、もう一度、月を見てみました・・・秘められた耳だから、どんなに目をこらしてもついに見えてきませんでしたけれど、月が耳を開いている様子が感じられてくるような気がします・・・。

 「・・・・・」・・・秘められていた耳が、ほのかに開きはじめている・・・とすれば、誰かの祈りか、願いが、聞こえてきたのでしょうか・・・その願いを発しているのは誰なのだろう・・・物語も秘められています。

 仁 。。。≪ そうなんですね・・・水を司る女神なんだ。だからいのちの女神・・・なんかすっきりしてきましたよ。月光浴はこころをリセットしてくれるんですよね。・・・

 忍びつつこころが遊ぶ月の裏  ・・・≫

 と仁は月のバトンをリレーして受けましたけれど、今一、 ☆さんの句を理解していないようですね。
 「・・・」は軽い切れと受け取ってもいいんですよね。そう受け取ると、「・・・・・・・」は、月下の女人です。月明かりのなかで、折しも吹いてきた軽い風に、黒髪に隠れていた耳が現れた・・・

 いろいろ想像してみますけれど、イメージが千切れてしまいます。
 ☆さんが、仁のコメントに又返してくれました。

 ☆ 。。。≪ ・・・・・・・・・・ ≫

 謎はいっそう深い霧の中に包み込まれていくようです。・・・

 どなたか、バトン受けてくださいね・・・

« 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな | トップページ | コスモスに密かな恋をもらいきし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/3789374

この記事へのトラックバック一覧です: 忍びつつこころが遊ぶ月の裏:

» 『 空に 』 by (絵/みるく・文/くぅ) [中高生・青年が創りだす未来の世界]
そうして、日は昇ります。 長いと思われた夜を 太陽の光があっさりとさらって 瞬く間に空に色を戻していきます。 夜明けをみんなで見に行こう。 闇を受け入れて 光を招きいれた空は 優しい色なんだよ。 夜はね。 神様が作ってくれたんだよ。 真っ暗でどんなあなたも包み込ん... [続きを読む]

» 十三夜愛するほどに愛される [教育を語り合おう風風風]
 満月のほのかに秘めし耳ひらく     千恵  千恵さんの句をバトンリレーしました。  『 忍びつつこころが遊ぶ月の裏 』 ★ 俳句リレー 11  夕方のニュースでやってましたが、月探査ロケットを来年打ち上げるんだそうですね。月の誕生の....... [続きを読む]

» 「われ月光の底に冴ゆ」について [花花花礼讃]
「われ月光の底に冴ゆ」について kekoさん、月光の句に巡り会えてHAPPYです。ありがとうございます。  師との出会いというものを実感させていただきました。そんな出会いがあることに羨望とジェラシーを覚えてしまいます。ついにひとり遊びで終わる老仁には巡り会えない出会いなんですね・・・。でも、おかしな話ですけれど、そんな出会いのお話に触れると、心が晴れて、自分のことのように嬉しくなります。  師の声に呼び覚まされるkekoさんの心は自在に解き放たれていくのでしょうね・・・   ...... [続きを読む]

« 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな | トップページ | コスモスに密かな恋をもらいきし »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30