無料ブログはココログ

« 月光を産湯に恋の産まれけり | トップページ | 忍びつつこころが遊ぶ月の裏 »

2006年10月12日 (木)

薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな

  俳句リレー 10  ★

  『 ばらひとつもらって今日がやわらかし 』
   

 にときどきさんよりコメントと俳句を頂きました。

 語り合いを深めたいテーマなんですけれど・・・老仁の及ばない世界なのでしょうね・・・だからこそ、入り込んでいきたいと切望してしまう性癖があるんですよね、愚仁には。これは、あんまり人には好まれない悪癖なんです。なのに、愚仁は踏み込んでいきたがる・・・

 少し、コメントお返し、俳句をリレーしました。

 『 嵐過ぎ 童見つける 薔薇一輪 』

 ときどきさんの俳句です。
 
 仁  ≪  ときどきさん、愛についての考察とても学びになります。
 「愛する」と「愛される」の間に隔絶された溝があるのを見ている人がいる。
 その溝を越えた人を知っている人がいる。
 けれど、その人はその溝をどこかで語ってくれているのだろうか・・・語ってくれているなら、老仁はその語りを知りたいと思います。

 <苦しみも、悲しみも、至福の時間も
  等しい大きさで訪れるもののようです>。。。

 こう語れるときどきさんの世界が知りたくなります・・・

    薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな ≫

 

『 コスモスよこころはいつも空だよね 』

 『 コスモスを見るや苦しき汝れ想う 』

« 月光を産湯に恋の産まれけり | トップページ | 忍びつつこころが遊ぶ月の裏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/3784596

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな:

» 十三夜愛するほどに愛される [あなたならどうする?]
 中秋の名月も何事もなく過ぎ去っていきましたけれど、世の中は、自然の営みを無視するかのように、きな臭くなっていきます。  みんなもっとやさしくなろうよ。みんなもっとのんびりしようよ。みんなもっとこころをあそばせようよ。みんなもっと隣の人とつながろうよ。みん... [続きを読む]

« 月光を産湯に恋の産まれけり | トップページ | 忍びつつこころが遊ぶ月の裏 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31