無料ブログはココログ

« 彼岸花風に光の束放つ | トップページ | 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな »

2006年10月 9日 (月)

月光を産湯に恋の産まれけり

Tuki999a861006z

 『 かぎろひの便りのとどく秋ふかし 』
      
    での俳句リレーです。
   
  「彼岸花」をリレーしていて、
   (『 彼岸花風に光の束放つ 』 ★ 俳句リレー 06
   

  仁 ≪ ・・・ 彼岸花もろくも崩れ落ちて泣く ・・・   

中秋の名月がやけにむせび泣いているようなんですよ・・・  ≫

 と受けました。
 
 ☆ ≪     ≫

 そうなんですよね・・・月も山も海も、人の心の写しなんですよね。
 人の数ほど月がある。
 だから、俳句もおもしろいし、俳句リレーもできるんですね・・・

 仁 ≪ 名月も噎び泣くことある如し ≫

 ☆ ≪ ・・・・・       ・・・・・

    ≫

 仁 ≪ ☆さん、月光浴すてきですね。月の光の温かさから恋が産まれたという恋のありようを大切に思います。
 
 ・・・ 月光に洗われ恋の生(あ)れにけり

 ・・・ 月光を産湯に恋の産まれけり ・・・ ≫

 ・・・ 月光を産湯に恋のこどもなる ・・・

  リレーの句を少し推敲してみました。

 老仁としては珍しいことです。いつも書き流しですましているんですけれど・・・

 これからは少し心を入れて句作りも始め直そうという気持ちの表れでしょうか・・・

 まろ ≪ ☆ 月光の優につつまれ抱かれたい 

  月の光りって見る時の気持ちで、魔可不思議な世界へ吸い込まれそう。

  なんて素敵なんでしょ ≫

  『 コスモスの倒れ水面で立ち上がる 』
   

 『 コスモスの天地を満たす光かな 』
   

« 彼岸花風に光の束放つ | トップページ | 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/3743216

この記事へのトラックバック一覧です: 月光を産湯に恋の産まれけり:

« 彼岸花風に光の束放つ | トップページ | 薔薇一輪嵐を凌ぐ命かな »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30