無料ブログはココログ

« 初春や喜び選んで生きるべし | トップページ | 昼の月小指一本観自在 »

2007年1月 7日 (日)

憂き心寄せつけもせずもがり笛

 ふと出てきたメモ紙に俳句が書かれていました。
 「050115」のメモ。1年前のものです。

Syahai938ukikokoro1

 思いついた句を近くにある紙にメモして机のどこかに起きっぱなしにしていることが多いんです。便所や車の中やいつもよく行くところにはメモの手帳を置いているのですけれど、そのメモだって、見るの忘れたり、整理し損なって、置き場を見失ったりするんですよね。
 そんなこと思うこともありかなと、アップしてみました。

« 初春や喜び選んで生きるべし | トップページ | 昼の月小指一本観自在 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/4829255

この記事へのトラックバック一覧です: 憂き心寄せつけもせずもがり笛:

» 風に載って生きる [仁のハッピーライフ]
『 初花を咲かせ心も開かれる  』  に生呼さんより、お便りを頂きました。  生徒たちとのつき合いを熱く語り合った日々がありました。今は、花の心を語り合えるようになっています。  仁もわがまま貫いてきましたけれど、生呼さんもわがまま貫いて生きていらっしゃる様子です。ときどきの交心、ほんとうに、うれしいですね。  仁 。。。 ≪ ほんとうにお久しぶりです。  いろいろあったようですね・・・いろいろあって当たり前なんでしょうけれど・・・どれもこれも、よし。受け容れ... [続きを読む]

» 草の根の霜の大地を愛おしむ [花花花礼讃]
 暖冬で雪の姿を見ないままです。 [続きを読む]

« 初春や喜び選んで生きるべし | トップページ | 昼の月小指一本観自在 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31