無料ブログはココログ

« 昼の月小指一本観自在 | トップページ | 「老紅葉」に拘る・・・ »

2007年2月18日 (日)

芽おこしの雨に昔の本開く

  生呼さんの 『 雨が降る日はそばにいて 』
   
 をネット吟行してきました。
 サリンジャーとか懐かしい人の名前が出てきて、本棚の前に立っているのでした。

 今日は秋吉台の野焼きを見に行く予定にしていたんです。
 義母の卒寿の祝いに子どもたちも一緒に。けれど、あいにくの雨で来週に延期になりました。だから、家でノンビリ過ごしています。
 夜は福岡まで奈呼を送っていくことになりそうです。

 仁 。。。 ≪  もう梅の季節も終わるんですね・・・
 そして、さくらの季節・・・

 繰り返す季節をいくつ数えてきたんだろう・・・

 芽おこしの雨に昔の本開く  ≫ 。。。

 
★★★ 今日の五行歌 ↓
  『 <私って何?>を謳おうよ、五行歌! ★ 投稿歓迎!! 』
    

★★★   『 ほのぼのと桜に雪の降りかかる 』
♪♪♪   

★★★  『 あたしは、あたしを、いつか必ず、迎えにいってあげたい』 by ふぅ
♪♪♪  

« 昼の月小指一本観自在 | トップページ | 「老紅葉」に拘る・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/5387030

この記事へのトラックバック一覧です: 芽おこしの雨に昔の本開く:

« 昼の月小指一本観自在 | トップページ | 「老紅葉」に拘る・・・ »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31