無料ブログはココログ

« 極北の光哀しみの果てを観る | トップページ | 春の雷妄詩の愛を砕きけり »

2008年2月18日 (月)

在ることのただにうれしき光る風

Paiko14707arukotonotadani1b2

 ★ 瘋癲老仁妄詩 14707

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

在ることのただにうれしき光る風

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

☆☆☆  『 汚かったものが美しいものに変わる瞬間 』   by 光呼 へどうぞ!!! ♪♪♪
  

 美しいと汚いは、平行線、

 時には、美しいが大きくなり、
 時には、汚いが大きくなり、

 裏表にもなったりするよ。

 間違いと、正しいは、平行線、

 時には、間違いを選んだり、
 時には、正しいを選んだり、

 裏表になったりもするよ。

 いつだって、拘らず、
 いつだって、選ばず、

 心の赴くままに、
 体の求めるままに、

 光呼らしく生きていくんだよ。

 会うも、別れるも、平行線、

 いい時は、会いたくなり、
 わるい時は、別れたくなり、

 会うも別れるも、同じこと。
 生きている限り、
 縁があって、
 会っても、つながり合っている。
 別れても、つながり合っている。

 会うも別れるも、同じこと。
 生きている限り、
 縁があって、

 いつでも、どこでも、
 つながりは蘇るものなんだね。

 人も花も、
 人も虫も、

 深い、深い、大地の根っこで、

 たくさんの生き物たちとつながり合って、
 たくさんの物たちとつながり合って、

 人になり、花になり、
 わたしになり、虫になり、
 あなたになり、星になり、

 今とここを共有し、
 今とここを共振し、

 生きているんだね。
 喜んでいるんだね。

 命は、やっぱり、ビューティフルだよ。
 今とここは、やっぱり、ハッピーだよ。
 

   在ることのただにうれしき光る風

〇-----*****************************************-----〇

☆☆☆  『 黒と白 』   by 光呼
♪♪♪  

☆☆☆ 『 世界が色を変えた日 』   by 光呼
♪♪♪  

★★★ 『 春の水低きへ流れ濁りけり 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 14602
♪♪♪ 

〇-----*****************************************-----〇

« 極北の光哀しみの果てを観る | トップページ | 春の雷妄詩の愛を砕きけり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/10596832

この記事へのトラックバック一覧です: 在ることのただにうれしき光る風:

« 極北の光哀しみの果てを観る | トップページ | 春の雷妄詩の愛を砕きけり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30