無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月24日 (木)

散る間際まで抱きゆく愛ひとつ

Paiko31602tirumagiwamade1d

★ 瘋癲老仁妄詩 31602

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

散る間際まで抱きゆく愛ひとつ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

★★★  『 残るものなくてさびしき散るさくら 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 31601 へどうぞ!!! ♪♪♪
  

 
 良寛さんの恋に触れて、
 良寛さんの恋のように、
 死ぬ間際まで、抱き、
 至福の時を生きることを
 遙かなる夢として、
 抱きつづけることを
 念じます。

 良寛さんほどの力を
 持てるはずもありませんけれど、
 だから、わが身に起こることは
 ありえないことですけれど、

 妄詩の世界では

★★★ 『 短夜の妄詩あそびの私かなる 』瘋癲老仁妄詩 2104  ♪♪♪  
  

 想像力を駆使すれば、
 それが妄想力でも、
 ただの独りよがりの空想遊びでも、
 遙かなる夢を、
 実現する地平にまで
 遊泳することができるんですよ。

 死の間際まで、
  恋を妄想して生きる
 死んだ後まで、
 恋の妄想を残して生きる、

 そんなひとり遊びも、あっていいのかもしれませんね・・・

★★★  『 異界への貫く恋も在りにけり 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 12701 ♪♪♪  

★★★ 『 幻視する愛を貫け酔芙蓉 』瘋癲老仁妄詩 1701 ♪♪♪

★ 瘋癲老仁妄詩 31603

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

極北の愛追い縋る散る櫻

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 

2008年4月 9日 (水)

秘やかな生にもほのかに光あり

Aikohisyo100201hisoyakanaseinimo1b

 ★ 愛呼飛翔 100201

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

        秘やかな生にもほのかに光あり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 ※ 生活の中に溶け込んでいるコウノトリさん達です。

 人間に戻りたがっている愛呼が、
 コウノトリさん達を人間らしい目で眺めていることを思って、
 すこし、胸が痛くなるようです・・・

 けれど、まだ、道草食えるんです。
 道草食って、
 愛呼と飛翔を、
 楽しむだけ、楽しむことにしましょう・・・

93crp084088899coco

 愛呼の故郷は、
 ちっご川ですから、

 心が安まる飛翔は、
 やっぱり、筑後川の風に載って、
 飛翔することですね・・・

〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 信じれば銀河も時も翔けて行く 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 13803
♪♪♪  

★★★ 『 闇一つ凝れば菫だけが友 』 ★ 写真俳句 0800902
♪♪♪  

★★★ 『 さくら咲く心の園にさくら咲く今とここにも咲かせよ桜 』 ★ 良寛貞心尼相聞歌 0105
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇

2008年4月 2日 (水)

永久に咲く桜の種を蒔けよ君

Somon0106towanisakusakuranotanewo1b

★ 良寛貞心尼相聞歌 0106

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

永久に咲く桜の種を蒔けよ君

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 良寛さんと貞心尼さんとの出会いの地平で、
 のぅが、この心探しの旅に参加してくれたので、
 いろいろの心模様を想定して、ひとり遊びを楽しむことができるようになりました。
 のぅはのぅで、のぅ自身のひとり遊びを見つけだしたようで、
 この心探しの旅で、のぅ自身のひとり遊びと心探しが少しでも前進し、楽しめるといいなぁと願っています。

 万葉集の恋遊びで、但馬皇女さんの<飛び込み>を辿っているのですけれど、参加してくれた葉呼さんからの語り合い参加が、ちょっと、遠離っているので、
 頓挫したまんまですけれど、
 老仁のひとり遊びとして、但馬皇女さんの<飛び込み>も重ねて、
 貞心尼さんの<飛び込み>を、あれこれ、考えてみたいと思います。

★★★ 『 但馬皇女さんの恋を語り合いま笑よ 』 より。 ♪♪♪
  

★★★  『 身を切って歩く茨の道が在る 01 』 ★ 万葉の恋 01101  ★ 但馬皇女さんの恋0101
♪♪♪

 「わたしならどう思う」とか、
 「わたしならこうする」とか、
 いろいろな人が参加して、
 「わたしの貞心尼さん」
 「わたしの但馬皇女さん」
 という、いろいろの貞心尼像、いろいろの但馬皇女像が、創りだされていくのは、楽しいでしょうけれど・・・

 あなたも、あなたの<ひとり遊び>として、
 あなたの<貞心尼像>を語り始めませんか!

★★★ 『 さくら散るまでを遊ばんさくら散りさくらもみじの秋(とき)も遊ばん 』 ★ 良寛貞心尼相聞歌 0103  へどうぞ!!! ♪♪♪

 

 。。。 ≪ のぅ、ずいぶん解放されたね。
 
 翔一の名前を出せるようになったことは、ほんとうに解放された証だよ。
 

 そうだね、のぅ、解放されたのぅとして、
 自由に、空想の世界を遊べばいいよ。
 老仁も、同伴して、のぅの遊びを一緒に楽しませてもらうよ。

 一度、翔一の元に、飛び込んだのぅがいた。
 そして、もう一度、翔一の元に飛び込むのぅがいる。
 

 ミラクルではなく、
 空想ではなく、
 本気になれば、
 実現する夢があるんだよ。

 さくら咲く心の園にさくら咲く今とここにも咲かせよ桜   ≫ 。。。

Somon0105sakurasakukokoronosononisa

★ 良寛貞心尼相聞歌 0105

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

さくら咲く心の園にさくら咲く今とここにも咲かせよ桜

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

〇-----*****************************************-----〇

☆☆☆  『 ひとりでもふたりでもなおさびしさの変わらずあればきょうを遊ばん 』  by のぅ
♪♪♪ 

★★★  『 春の雷妄詩の愛を砕きけり 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 30003
♪♪♪  

★★★ 『 風のごと雪の参道僧衣行く 』 ★ 写真俳句 0800501
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30