無料ブログはココログ

« 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 18日 』 うつくしき別れは心にうつくしく | トップページ | 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 24日 』 月影にひそかにうつせきみが笑み »

2010年10月23日 (土)

『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 22日 』 秋の夜の虚なれば楽し踊らんか

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ぜろから交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

Zerokosin09r082803akinoyonokyonareb

  ★ ぜろから交心09r082803

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

        秋の夜の虚なれば楽し踊らんか

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

 零呼さん、今日も交心ありがとう。

 良寛さんに似て潔い捨て心ですね。
 善いも悪いも、その人の心に任せて、自らは何も残さないというのはいいですね。

 > 形見とて 何か残さむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみぢ葉   良寛

 自然も星月も風のそよぎも、つながり愛のあった人には、形見として残るのでしょうから、ほんとうに何も残さないのが一番いいのでしょうね。
 お墓だっていらないよ、と老仁はいっています。
 物ではなく、心に、遊べればいいのです。

 あの世には、この世のつづきで、喜びに行ったんですから、
 勝手に喜ばせておけばいいのですよ。仁の場合は。
 老仁の先祖といって特別のものはない。老人の父母も、やはり特別のものではないのでしょう。みんな父母と同じ、大切な縁なんでしょう。
 もう、特別はいりませんね。

 西行さんが今でも老仁には親しいように、
 良寛さんが今でも老仁には道標になるように、
 縁として残る物は残り、
 消えていくものは消えていくのでしょう。
 残る残らないは、人の心のことですから、
 老仁は老仁風に消えていくのがいいのでしょうね。

 それにしても、もう、零呼さんが、そんな準備をしているとは驚きです。
 でも、大切なことなのですよね。

 秋の夜の虚なれば楽し踊らんか   仁

 心躍らせながら眠りに入れるのもいいでしょうね・・・
 おやすみなさい。

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  ぜろから交心09q091103★『 指一本命漲る蕎麦の花 』  へどうぞ!!! ★★★
 

★☆★☆★☆★☆★☆ ★ 万葉の歌を語り合いましょう ★ ☆★☆★☆★☆★☆★

★ 万葉集03ー0266

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

柿本朝臣人麿の歌一首
近江の海夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしぬに古へ思ほゆ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 琵琶湖の夕波が立って、
 千鳥たちが賑やかに鳴いて遊んでいるよ。
 その千鳥たちの賑わいを見ていると
 あの近江の都のことがしみじみと想い出される。
 新しい気風に漲っていたんだよ。

★☆★  カテゴリー『 万葉集の歌を遊びましょう 』 でトピックを立てて下さいね。 へどうぞ!!! ★★★
 

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 シクラメン琥珀に負けず惚れ込まん 』 ★ 交心俳句10p102002 へどうぞ!!! ★★★

★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 09年08月28日  鷺草に載って銀河の外までも 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

« 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 18日 』 うつくしき別れは心にうつくしく | トップページ | 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 24日 』 月影にひそかにうつせきみが笑み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151123/37350962

この記事へのトラックバック一覧です: 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 22日 』 秋の夜の虚なれば楽し踊らんか:

« 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 18日 』 うつくしき別れは心にうつくしく | トップページ | 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 24日 』 月影にひそかにうつせきみが笑み »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30