無料ブログはココログ

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »

2012年8月28日 (火)

『 面影のいくつ重なる曼珠沙華 』老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0818ー20

★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★

W12r081802omokagenoikutukasanaruman

★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0818ー20

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

         面影のいくつ重なる曼珠沙華

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

12r0818

秋立つや里を流るる川の音(夢呼)☆心に添いし面影の笑む

面影といずれが先か曼珠沙華

母には曼珠沙華が一番

面影のいくつ重なる曼珠沙華

野にも海にも母は在りにき

12r0819

たそがれのほとめく恋のながれ星

いのちに風よほのおを煽れ

酔芙蓉言葉が開く愛も在る

酔いどれ船は屡屡難破

ただでさえ心ゆらぎぬ夜の秋

野辺も恋路もはや紅葉せよ

この花をきみと分かたん夜の秋

花愛でる指詠う旋律

海凪いで玉藻清めん虫の声

海人の苫屋の仮の宿りに

逃がしゃしないと 網掛け手繰り 生け捕りされて 捨てられて

生け捕られ歓喜したるも蟹の泡

遊ぶ暇もなきぞ哀しき

蟹追うて磯遊びせんきみ居ませ

念にはじまる玉藻の絆

12r0820

今頃何を 自分の罪過 味わうつもりか その苦み

さんまの知った 自分の味は 邪恋の怖さ 身の細る

心から思って 愛しはしても 一夜一夜に 身は変わる

虫の声今日が明日と定めなし

女根を張り男移ろう

看よ看よや吾なく君なく酔芙蓉★自己超克の人ここに在り

酔芙蓉吾在り君在り一如在り★はだかの魂おのずから一つ

無化の旅今回生の冬の旅

四季折々に吾が冬生きる

深緑の鎮守の森の洞遊び

異時空飛翔玄牝の門

★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★

★★★  つけ句あそび交心w12r082402『 夏の風おのずといのち顔になる 』 へどうぞ!!! ★★★

★★★  都々逸で交心w12r081902『 生け捕られ歓喜したるも蟹の泡 』  へどうぞ!!! ★★★

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

2012年8月27日 (月)

『 秋の風今だからこそ夢遊べ 』老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0812ー14

★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★

W12r081203akinokazeimadakarakosoyum

★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0812ー14

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

          秋の風今だからこそ夢遊べ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

12r0812

秋の風時には慟哭運び来る

知るや知らずや人の世の常

途切れなく 声 挙げるべし 水引草(空呼)☆隣の人に普段の会話

井戸水で水打つ暮らしそよぐ風

低きに寄れば相争わず

光る青蜥蜴ぴくっと動きけり(夢呼)☆吾を警戒するに及ばず

忽然と蜥蜴原始の情騒ぐ

怯えも好奇心も敏なる

気は急いて身体動かぬ盆用意(雪呼)☆何はなくとも来るものは来る

甲虫われも戻るよ汝が土に

生まれ替われば友だちならん

秋の風今だからこそ夢遊べ

死の間際まで心は自遊

秋の夜の独り善がりの五七五

風はなくとも命は動く

どうしてあなたは そんなにもてる この世の罪も 放免か

こっちで所帯 持ってはみたが 家もなければ 身もあらず

追い返されるに 決まっているが やっぱり肌が 恋しいよ

竜宮の常世に馴染み盆忘れ

時には娑婆の痴情懐かし

12r0813

ためらへるごとく岩間に滴りぬ(夢呼)☆その冷たさの心地よかりき

したたりの追憶老にあらたなる

失われたる時に帰るか

滴りやためらひながら刻む音(夢呼)☆重なる鼓動はじまりの時

滴りやためらいつつもたえなる音

汝れを知りたるその馴れ初めの

遠くより声援送るわが蜥蜴

吾より外は愛おしの君

12r0814

噴泉や蔵王に臨む茂吉歌碑(夢呼)☆独坐雄峰茂吉在りにき

苔むして茂吉碑独坐崩さざる

蔵王に向かい蔵王を凌ぐ

どんな小糸で つながれたのか あの世でまでも 籠の鳥

そっと寄り添う おまえの香り 今でもおれを くるわせる

きっとおまえが あれこれ手配 あの世からまで 老婆心

迎え火のまよわずまっすぐ走り来る

確かな香りこの抱き心地

絆のこるさ 比翼の鳥と 噂も高き 縁なれば

凌霄花比翼の鳥の一休み

連理の枝の絡みすぎるか

切って逝きゃんせ そういわれたら この世の縁 切りもしょう

彼岸より来た人在りと誰が知るや

切るも切らぬも痴情の沙汰よ

今一度火中の栗も拾わんか

念いはすれど足も動かず

飢えつつも秀句はいらず夏の星★一途に追うよ超人ビジョン

淋しさは飢えの子のまま旱星★母を求めて嬰児に帰れ

星涼しただ生きもうけ凡愚仁★嬰児のままに何時にも逝かん

夢みるはただにすずしき夜の雨★遊行時空に星降る如し

旱星菩薩の股間に抱かるる★かかる菩薩を念じて待ちぬ

甦れ今少年の春の夢★一途に追うよ超人ビジョン

母を待つ嬰の泣き声みんみん蝉(夢呼)★帰らぬ母を作らぬ世界へ

法師蝉母なるものの祈りの音

嬰児深き慈愛に眠れ

★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★

★★★  コミュ一休さんの詩を遊ぶ交心『夢閨162』w05『 旱星菩薩の股間に抱かるる★かかる菩薩を念じて待ちぬ 』w12r0814  へどうぞ!!! ★★★

★★★  優游575交心w12r081202『 甲虫われも戻るよ汝が土に 』  へどうぞ!!! ★★★

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31